ETCを利用する為には、自動車に取り付ける車載器(ETC車載器)と決済を行うためのETCカードが必要になります。

車載器は有料道路の料金所で支払いの情報をやり取りするために必要な機器で、車載器が無いとETCゲートは通過できません。

またETCカードは料金所での無線交信によって決済を行うために必要なカードで、主にETC決済ができるクレジットカードが使われます。

ETCカードはクレジットカード決済

ETCカードはETCの決済で使われる為、クレジットの取引が利用されます。したがって後払いとなり、クレジットカードの明細とともにETCの利用額も記載されて請求されます。

クレジットカードのETCカードは、それぞれが分離したカードとなっている分離型とそのままクレジットカードとしてもETCカードとしても利用できる一体型があります。どちらもクレジットカード会社が発行する為、原則カード名義本人が利用可能となっています。

またクレジット決済を行う為、ETCカードの発行にはクレジットカードと同じように利用者の審査が行われます。

クレジットカード付帯のETCカードはお得

クレジットカードに付帯したETCカードの場合、年会費が無料であったり、カードによってはETCカード利用でもポイント付与などの特典があります。

ETCの割引料金でもポイント付与になるカードもある為、割引料金がさらに実質割引となりとてもお得です。

またカードによっては、ETC利用でのお得さに重点を置いたカードもあるので、有料道路の利用が多い方は要チェックです。

ETCでお得なカード一覧

ETCパーソナルカード

クレジットカードが無い人はETCパーソナルカード

クレジットカードが持てない方や、クレジット決済が嫌な方にもETC利用ができるよう、ETCパーソナルカードというカードが用意されています。

ETCパーソナルカードは保証金(デポジット)を預託することで、ETC利用が可能になるカードです。 したがってクレジットカードとしての利用はできません。

保証金は「有料道路の平均利用月額を5,000円単位で切り上げた額の4倍の額」か「年間の最高利用月額を20,000円単位で切り上げた額」のどちらか高い方を預託しなければいけません。(平均利用額が月額10,000円未満の場合、10,000円)

通行料金は口座からの引き落とし

パーソナルカードの場合、保証金から通行料金が引き落とされるのではなく、利用者が指定した金融機関口座からの引き落としとなります。

パーソナルカードでのETC利用料金は、利用した翌月に支払いとなるため、引き落とし不能などに対応できるよう、保証金を入金しておくのです。

万が一、支払いが不能になった時の為に通行料金の債務保証という位置づけです。

パーソナルカードは年会費が1200円

パーソナルカードの場合、年会費が1,200円かかります。原則カード発行日の翌月に指定口座から引落しされ、翌年度以降においても同様です。

クレジットカード付帯のETCカードの場合、ETCカードの年会費が無料となっていることが多いので、コストを考えるとクレジットカード付帯のETCカードの方がお得と言えるでしょう。

このページTOPへ

イオンのETC ETC基礎知識 その他の情報

イオンカードの一覧はこちら