ETCを利用する為にはETC車載器が必要です。車載器は有料道路の料金所で支払いの情報をやり取りするために必要な機器です。

ETCシステムは、ETC車載器にETCカードを挿入しなければ利用できないのでカードと車載器の両方があって初めてETCが利用できます。

車載器は車に標準装備されていない限りは自分で購入して取り付けなければいけません。自動車メーカーや部品メーカー、カー用品メーカー、家電メーカーなどが販売はしていて量販店などでも購入できます。

また昨今はカーナビと一体になった車載器もあります。

ETC車載器は3タイプ

ETCは大きく分けて以下の3タイプがあります。

2ピースタイプ
車載器とETCカードの2つで構成されたタイプ。ETC情報の処理機能部やカード挿入部など、アンテナを含めて一体化したタイプです。
3ピースタイプ
ETC車載器本体、アンテナ、ETCカードの3つで構成されたタイプ。本体とアンテナを分離して。通信機器となるアンテナだけをダッシュボード上に取り付け、本体はETCカードの車内のどこかへ設置するので、外見上、目立つことが無く人気が高くなっています。
ビルドインタイプ
自動車メーカーが標準装備、またはオプションで付けることの多いタイプで、クルマのインテリアとデザインを統一していることがおおいタイプです。設置個所はメーカーによって様々で、アンテナをルームミラーに組み込んでいたりスタイリッシュなデザインとなっているものが多いのが特徴です。

車載器はセットアップが必要

車載器は料金所での決済データを交信する為、セットアップが必要となります。セキュリティ処理や暗号化処理の為には技術が必要で、セットアップを行うには登録制が取り入れられています。

このため、個人や登録していないお店でのセットアップはできません。

セットアップをするには「セットアップ申込書」に車両情報と車載器情報等の記入が必要で、車検証に記載されている車両使用者以外の人がセットアップを申込むには「委任状」が必要となります。

車載器にも様々な機能が

カーナビと同じく、車載器にも様々な機能があります。

料金所通過の際に、利用料金を読み上げてくれたり、エンジンをかけた際にカードの有効期限を読み上げてくれたりする機能です。

そのほかにも様々な便利な機能がありますので、購入の際に自分に合った機能がついた車載器を選びましょう。

このページTOPへ

イオンのETC ETC基礎知識 その他の情報

イオンカードの一覧はこちら