ETCでは利用金額に応じてポイントを貯め、貯まったポイントを通行料金に充てられるサービスがあり、「ETCマイレージサービス」と呼びます。

各クレジットカード会社のポイントとは別に付与されるポイントなので、利用すると2重にお得です。

マイレージ(ポイント)の付き方

ETCマイレージサービスではETC利用でETCカード(ETCクレジットカードまたはETCパーソナルカード)による支払い毎にポイントが付与されます。

例えば、東日本/中日本/西日本の場合、高速道路1回の利用でごと10円につき1ポイントが付与されます。10,000円利用すると1,000ポイントが付与され、500円分の通行料金に充てられるといった仕組みです。

還元額はそれぞれの高速道路会社によって異なり、還元分を使える高速道路もそれぞれ違います。

参照(外部サイト) http://www.smile-etc.jp/service/point_doro.html

利用手順

まずはETCカードの発行、車載器の取付けを完了しましょう。準備が出来たらマイレージサービスに登録します。

  1. インターネットまたは郵送で申込み、登録します。申込みの際には、車載器管理番号、車両番号、ETCカード番号が必要となります。
  2. 登録が完了すると、マイレージIDおよびパスワードが郵送されます。インターネットで約1週間。郵送で2~3週間が目安です。
  3. マイレージサービスが開始され、利用に応じてポイントが貯まります。ポイントの有効期限は最大で2年。ポイントが付いた年度(4月~翌3月)の翌年度末までとなるので、期限までに交換をしましょう。
  4. 貯まったポイントを交換します。
  5. 交換した無料通行分は無くなるまで無料で通行でき、その間クレジットカード(ETCカード)からの請求はありません。

なおポイントの確認や交換の申込みは、「インターネット」「自動音声ダイヤル 」「ETCマイレージサービス事務局への電話」で可能です。

少し手続きは面倒ですが、よく車を使う方にとっては非常にお得なシステムなので是非ご利用下さい。

利用可能な有料道路

ETCマイレージサービスが利用可能な高速道路会社は以下の通りです。

ポイントが付いて、還元額が利用できる道路
東/中/西日本高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社、名古屋高速道路公社、福岡北九州高速道路公社、愛知県道路公社、宮城県道路公社、神戸市道路公社、広島高速道路公社。(※対象となる道路は各社で異なります)
還元額(無料通行分)が利用できる道路※ポイントは付きません。
阪神高速道路株式会社、茨城県道路公社、栃木県道路公社、千葉県道路公社、愛知県道路公社、富山県道路公社、京都府道路公社、大阪府道路公社、 奈良県道路公社、兵庫県道路公社、広島高速道路公社、福岡県道路公社、北九州市道路公社、長崎県道路公社。(※対象となる道路は各社で異なります)

交換手続き不要な自動還元サービス

自動還元サービスは各会社・公社のポイントを還元額にそれぞれ自動で交換するサービスで、ETCマイレージサービスのご登録時に選択するか、登録後の変更で利用できます。

毎月20日に自動で還元される為、非常に便利ですが、1,000ポイントまたは5,000ポイントからとなっている為、ETCをよく利用するユーザー向けのサービスと言えます。

多くの会社ではポイントが50円で1ポイント、100円で1ポイント、100円で3ポイント程度ですので、一番還元の悪い100円で1ポイントの道路会社の場合、有効期限2年を目いっぱい使ってポイントを貯めるとしたら、年額で5万円以上のETC利用が必要となります。

有効期限を超えてしまうとポイントは消滅してしまうので、現実的には毎月5000円以上(年額で6万円以上)のETC利用がある方に向いているサービスです。

このページTOPへ

イオンのETC ETC基礎知識 その他の情報

イオンカードの一覧はこちら